一貫教育


早稲田実業学校初等部 概要 2020(会員限定)

職業柄、小学校説明会に足を運ぶ機会が多いが、早実の説明会の雰囲気は際立っている。「世の中を先導し」、「時代を担い」、「早稲田の歴史を一緒に創ろうではありませんか」。そんな言葉を我が子に重ね、この子もきっと時代を動かし、歴史に名を刻む大人物になるのだわと壮大な期待感に包まれる。目の前にある早稲田大学へのドリームチケット、学部の豊富さと質の高さ、スケール感、ブランド感。会場は親達の熱気で弾けそうに膨張する。皆さん、我が子の将来に胸を膨らませ、頭の中で校歌が駆け巡る「♪早稲田、早稲田、早稲田、早稲田~」。 開校から18年、2020年度入試は応募倍率8.6倍、実 […]


慶應義塾横浜初等部 概要 2020(会員限定)

♪ 小泉信三ショック 2019年9月、慶應義塾横浜初等部の願書を購入した全員が、猛然とした驚きを感じた。いわゆる「小泉信三ショック」だ。慶應は幼稚舎も横浜初等部も「福翁自伝を読んで感じるところを書いてください」という願書の課題があった。時は9月。願書購入者の全員が、すでに福澤について書き終わっていたはずだ。ところが、2020年度入試用慶應義塾横浜初等部には、福澤諭吉ではなく「小泉信三」の文字があった。・・・ → 続きは有料会員サイトでお読みいただけます


玉川学園小学部 概要 2020(会員限定)

90余年の歴史を誇る伝統校でありながら、ともかく先進的、革新的。斬新な英語教育、積極的な延長プログラムなど、時代の要請に極めて敏感に、常に向上に向けて変革し続けている。 ♪BLES 2016年度より、IB(International Baccalaureate)プログラムの強化のため、BLES(Bilingual Elementary School)をスタートした。IB:PYP(Primary Years Programme)ではなく、6年次よりの・・・ → 続きは有料会員サイトでお読みいただけます


稲花小学校 概要 2020(会員限定)

2019年4月開校。当初は不安視する向きもあったが、蓋を開ければ初年度は慶應義塾横浜初等部に次いで2位となる高倍率の超大人気。慶應義塾幼稚舎、早稲田実業初等学校をも上回ったことになる。初年度入学生の満足度も非常に高いことから更なる評判を呼び、2020年度は後期20倍という驚異的倍率。「私立小学校」にありがちな、歴史、伝統、慣習、しがらみ、無駄といった旧態依然から一切解放され、合理的に論理的に、時代の要請を具現化しようとしている大変な注目校だ。・・・ → 続きは有料会員サイトでお読みいただけます


田園調布雙葉小学校 概要 2020(会員限定)

首都圏に四谷、横浜、田園調布と3つの小学校を擁する雙葉学園。同じ雙葉、同じ校訓の下にありながら、校風はかなり異なる。取り澄ました外見でありながら、子どもたちは実に明るくのびのびしている四谷、虚飾を排し、「どうか私を全ての誘惑からお守りください」と祈る、修道院の如き横浜、温かく目が行き届き、謙虚さと気品を感じる田園調布。四谷、横浜は勉強、しつけに厳しいが、田園調布が最も大切にするのは「心」である。それはつまり、「人としての在り方や、人間教育、人として心豊かに、周りに喜ばれる性格(田園調布雙葉小学校、学校説明会でのお話より)」とのことである。独特の竹筒型教育 […]